【阪神JF】(10)クラヴァシュドール 気性面ポイント「走るまでの過程が課題」

[ 2019年12月8日 05:30 ]

<阪神JF>力を出せる状態にあるクラヴァシュドール
Photo By スポニチ

 クラヴァシュドールは角馬場からCWコースへ。猿橋助手は「疲れの不安もないし力を出せる」と順調ぶりをアピール。前走・サウジアラビアRCは牡馬相手に2着と好走。ポテンシャルの高さを示した。「輸送や返し馬など走るまでの過程で課題があるので、その辺をクリアしてくれれば」と気性面をポイントに挙げた。 阪神JF

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2019年12月8日のニュース