【香港ヴァーズ】ディアドラ4着 橋田師「状態は良かったがもう少し前に付けたかった」

[ 2019年12月8日 15:33 ]

 8日にシャティン競馬場で開催されている香港国際競走は一つ目のG1となる香港ヴァーズ(芝2400メートル)が4Rで行われ、グローリーヴェイズが優勝。ディアドラは後方から大外から懸命に脚を伸ばしたが4着。

 橋田師は「スローになるだろうと思ったし、もう少し前に付けたかったけど…。あれが精いっぱい。状態としては良かったと思います」と振り返った。

続きを表示

「日経新春杯」特集記事

「京成杯」特集記事

2019年12月8日のニュース