【G1馬券顛末記 阪神JF】オサム「そやろ!!圧勝やろ!!」レシステンシア読み大当たりも…

[ 2019年12月8日 20:45 ]

<阪神11R・阪神JF>4番人気で快勝したレシステンシア(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 声が出た。阪神ジュベナイルFの直線。いや、正確に言えば、ここぞとばかりに叫んだ。

 「そやろ!!圧勝やろ!!」

 快感。電流が背中から頭の頂点まで突き抜けた。

 土曜のスポニチ大阪版のフロント面(裏面)にこう書いた。

 <阪神JFはスピード娘レシステンシアが従来のレコードを塗り替える時計で勝つ。悪いが、リアアメリアには印が回らなかった>

 レースは案の定、典型的な前残り。5馬身差も、1分32秒7の驚異的なレコードも予想以上だが、“圧逃する!!”の読みは正解だった。

 しかし馬券は難しい。レシステンシアに◎を打ち、圧倒的1番人気リアアメリアを無印にしながら、なぜか馬券は不的中。2着したマルターズディオサを軽視していたから。田辺の好騎乗にやられた。

 それでも競馬場の帰りに十三(じゅうそう)の居酒屋でうまい酒が飲めた。鍋には日本酒が合う。
 55歳。ポンコツ記者でもたまには当たる。
 (12月8日、大阪本社・オサム@阪神競馬場) 

続きを表示

「日経新春杯」特集記事

「京成杯」特集記事

2019年12月8日のニュース