【中山新馬戦】ヴァルゴスピカ快勝!大野「余力ある状態で勝てた」

[ 2019年12月8日 05:30 ]

 中山6R新馬戦(ダート1200メートル)は4番人気ヴァルゴスピカ(牝=林、父アイルハヴアナザー)が3番手追走から最内を突いて抜け出し快勝。大野は「砂をかぶっている時はおどおどしていたが、抜けた後はいい脚だった。余力のある状態で勝てたので楽しみ」。今後は未定も林師は「マイルくらいまで持ってくれれば。スピードがあるが操縦性も高い」。

続きを表示

「2020 フェブラリーS」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2019年12月8日のニュース