展開を読む【カペラS=ハイペース】

[ 2019年12月8日 05:30 ]

 内のゴールドクイーンが逃げ、砂をかぶりたくないヒロシゲゴールドが2番手。コパノキッキングとシュウジも離れず追走。激流必至だが先行勢に有力馬が多く、加えて脚抜きのいい馬場で簡単にはバテない。後方強襲は届きにくいか。

続きを表示

「2020 フェブラリーS」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2019年12月8日のニュース