【チューリップ賞】2着シゲルピンクダイヤ、直線で外から強襲

[ 2019年3月3日 05:30 ]

 未勝利Vから挑んだシゲルピンクダイヤが直線で外から強襲して2着。和田は「テンションが高かったがラストは凄い脚。大したもの。落ち着いて臨めれば次も楽しみ」と手応え。渡辺師も「出遅れて若さも見せた。外枠は嫌だと思っていたが、うまく馬混みに入れられたからね」と笑顔で振り返った。

続きを表示

「2020 フェブラリーS」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2019年3月3日のニュース