【鳥谷越・本社予想の稼ぎどころ】3日阪神10R 関東から遠征する素質馬ライラックカラーが混戦に断

[ 2019年3月3日 08:00 ]

 土曜に行われた東西2重賞は、いずれも1番人気馬が順当にV。どちらも強い勝ち方だったが、単勝1・3倍の圧倒的な支持に応えたチューリップ賞のダノンファンタジーは、凄みすら感じさせる走りだった。スタートが良過ぎて前半は抑えるのに苦労し、直線では前が壁になったものの、外へ持ち出されると1頭だけ別次元の伸びで楽々と差し切り。着差以上の能力差を感じさせる勝ち方で、同じ舞台で行われる桜花賞へ最高のスタートを切った。

 本日の弥生賞も注目度はMAXだが、少頭数で狙いも絞れるだけに馬券的な妙味は薄い。当欄では、ハンデ戦の上に傑出馬不在で混戦ムードの阪神10R・武庫川Sを取り上げる。◎は関東から遠征するライラックカラー。デビューが3歳2月と遅れたためクラシックには間に合わなかったが、昨夏以降は1→3→1着と順調にステップアップ。1600万への昇級戦となった前走の新春S(京都芝1600メートル)でも、4着ながらわずかに0秒2差と接戦に持ち込んだ。2戦目の今回はクラス慣れが見込める上に、メンバー構成は前走に比べてかなり手薄。もっと上を狙える器で、1000万に続き1600万も2戦ですんなり卒業だ。

続きを表示

「2020 フェブラリーS」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2019年3月3日のニュース