第1回小倉リーディング、最終日までもつれた接戦を横山武史が制す

[ 2019年3月3日 17:59 ]

 19年第1回の小倉競馬(2月9日〜3月3日)の開催リーディングは最終日までもつれる接戦の末、騎手部門が10勝を挙げた横山武史(20=鈴木伸)、調教師部門は3勝、2着3回の鈴木孝志師(47)が1位となった。両者とも初の小倉開催リーディング。騎手は2位藤岡康(9勝)、3位西村淳(7勝)。調教師は2位武藤師(2着2回)、3位南井師(2着1回)もともに3勝を挙げたが、2着の回数で鈴木師がトップとなった。

 ▼横山武 リーディングは自分ひとりの力ではなく、関係者やファンの皆さま、馬のおかげで達成することができたと思いますし、とてもうれしいです。この気持ちを忘れずに、これからも精進していきたいです。

 ▼鈴木孝師 リーディングを取れたのは、めぐり合わせが良かったのだと思います。開催のリーディングを初めて取ることができましたが、今後は全国リーディングを取れるように頑張ります。

続きを表示

「2020 フェブラリーS」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2019年3月3日のニュース