菜七子、新制度初白星「自信を持って乗った」 小島師もニヤリ「使うこっちが狙ったこと」

[ 2019年3月3日 14:09 ]

アラスカノオーロラ(16)で女性騎手減量新ルール適用後初勝利を挙げた藤田菜七子
Photo By スポニチ

 今月から導入された女性騎手の減量新制度により3キロ減になった藤田菜七子(21)が3日、小倉8Rのアラスカノオーロラで快勝。同制度導入後初の勝利(今年JRA4勝目)を飾った。道中中団につけると、3、4コーナーで徐々に外から進出。直線で図ったように差し切った。

 勝利数やキャリアによる減量とは別に女性騎手が一律2キロ減となる新ルールを適用された菜七子。2日から16年3月のデビュー時と同じ▲(3キロ減)に戻って騎乗を続けているが、2日目に早くも勝ち星を挙げた。

 藤田は「元々、力のある馬だから自信を持って乗った。外枠なのもよかった」としてやったり。一方、小島師「間違いなく減量(3キロ減)は大きい。(菜七子起用は)使うこっちが狙ったことだから。斤量が後押ししてくれる」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「2020 フェブラリーS」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2019年3月3日のニュース