【寺下の変 特別編】3日中山9R 逃げ名人!?ルメール騎乗◎ティソーナの“逃げ推し”

[ 2019年3月3日 08:00 ]

 土曜に推奨した、チューリップ賞の◎メイショウショウブはスタートで痛恨の出遅れ。すぐさまばん回したが、直線で粘れず9着に敗れた。まだ巻き返しのチャンスはある。今日も“逃げ推し”だ。

 中山9R・スピカSは◎ティソーナ。弟のレイデオロが活躍により、ダービー馬のアニキとなったが、兄もポテンシャルは秘めている。同じ舞台の近2走は先手を奪って、ともに小差の4着に粘った。全4勝中3勝を挙げているルメールとのコンビ復活。鞍上は土曜メインのオーシャンSをモズスーパーフレアで鮮やかに逃げ切り、絶妙のエスコートをみせた。名手の逃げっぷりに注目。

 馬券は単勝&馬連流しで相手は○パイオニアバイオ、▲バイガエシ、☆プロフェット、以下△アーバンキッド、ウイングチップ、ギブアンドテイク、ベアインマインドの計7頭へ。

続きを表示

「2020 フェブラリーS」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2019年3月3日のニュース