【弥生賞】1番人気ニシノデイジーは直線伸びきれず4着

[ 2019年3月3日 16:32 ]

<第56回弥生賞>4着でレースを終えたニシノデイジー(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 1番人気に推されたニシノデイジー(牡=高木)だったが、好位4番手から直線内を突くも伸びきれずに4着。

 勝浦は「無理に外に出すこともないと思ったし、内で馬場が悪いのは覚悟の上だった。こういう馬場向きだと思ったけど、実際に走ったのは初めてだからなのか、ジョッキーがそう思っていただけなのか。スムーズに行ったと思うし、これといって敗因がないようにも思うが…。残念」と冷静に振り返りつつも悔しさをこらえていた。

続きを表示

「2020 フェブラリーS」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2019年3月3日のニュース