【梅ちゃん先生特別編】3日小倉11R サヤカが飛んでくる

[ 2019年3月3日 08:00 ]

 太宰府特別は久々にサヤカチャンの出番。13番人気だった雨のアルテミスS(17年10月)で2着に逃げ粘ってからは1度も馬券に絡んでいないが、前走で復調の兆しを見せた。先行策から一転、後方に待機して、直線では今まで見せたこともない末脚。前残りの流れで6着止まりも次走に期待をもたせるレースぶりだ。折り合いが課題だけに馬群を壁にできる内寄り6番枠は理想的。今日の小倉は雨予報。雨のアルテミスS以来14戦ぶりの出番だ。

 ≪阪神11R カデナも飛んでくる≫大阪城Sはカデナの復活祭だ。後方一気の末脚で重賞連覇を飾ったのはちょうど2年前の弥生賞。それ以来、掲示板にも載れないスーパースランプに陥ったが、前走・アンドロメダSでは最後方から最速の上がりで7着まで差を詰めた。休養で馬体に見違えるほど張りが増したとあれば、鉄砲駆けを決める。

続きを表示

「2020 フェブラリーS」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2019年3月3日のニュース