【中山新馬戦】ハートトゥハート、3番手から抜け出しV

[ 2019年3月3日 05:30 ]

レースを制したハートトゥハート(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 中山5R新馬戦(ダート1800メートル)は、1番人気ハートトゥハート(牝=国枝、父ハーツクライ)が3番手の外から抜け出した。

 1Rで落馬負傷した北村宏に代わって手綱を取ったルメールは「ペースが遅かったので外からポジションを上げた。ちょっと緩いが跳びが大きく長い脚で加速した」と評価した。今後は未定も「ダート主体で」と国枝師。

続きを表示

「中山記念」特集記事

「阪急杯」特集記事

2019年3月3日のニュース