【弥生賞】6番人気シュヴァルツリーゼが健闘2着 石橋は伸びしろに期待

[ 2019年3月3日 16:41 ]

 キャリア最少、1戦1勝馬のシュヴァルツリーゼ(牡=堀)が6番人気ながら2着に健闘。スタートこそひと息だったが、後方でじっくり脚をためると直線は上がり3F最速36秒2で差してきた。

 初コンビの石橋は「スタートで出なかった分、他馬に寄られて後ろからになったがそれは仕方ない。切り替えて馬場の掛かりがある所を見つけながらコーナーで勢いをつけていった。ただ、馬もまだ2戦目でコーナーで内から寄られてビックリするところがあった。その気にしたところがなければもう少し際どかったかもしれない。まだ2戦目ですから」と伸びしろに期待していた。

続きを表示

「2020 フェブラリーS」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2019年3月3日のニュース