千鳥・大悟 松本人志に“同ランクのタレント”を聞いてまさかの答え「これは頑張らんと!」

[ 2019年2月14日 23:07 ]

お笑いコンビ「千鳥」の大悟(左)とノブ
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「千鳥」が14日、日本テレビのトークバラエティー「ダウンタウンDX」(木曜後10・00)に出演。どん底時代に「ダウンタウン」松本人志(55)からかけられた金言について明かした。

 5年前に次々と出演番組が終了、千鳥はどん底状態に陥っていたところ、失意の大悟(38)は松本に誘われて飲みに行った。

 大悟は松本にどう思われているのか、とにかく気になった。しかも現状仕事はほとんどなく、知っているか知らないのかすら分からない。そこで大悟は「100人の女の子にスイッチ持たせて『どっちが好きですか』と聞いた時、芸能人で今の大悟と50対50になる人はいったい誰だろう?」といった話へと誘導。要するに「今、大悟が松本にどう見えてるか」が具体的なタレントの名前で分かるという、画期的な質問に持ち込んだのだった。

 そこで松本が出したのは「そうだな、大悟と50:50は…城咲仁!」との答え。同等のお笑い芸人を挙げるでもなく、まさかの“カリスマホスト”という回答にスタジオは大爆笑。大悟は「あの憧れの人(の目)に城咲仁(として見られてる)…これは頑張らんと」と思ったそう。この松本の発言が結果的に「千鳥」復活へのキッカケとなったことを明かしていた。

続きを表示

「2020 チャンピオンズC」特集記事

「スポニチ賞 ステイヤーズS」特集記事

2019年2月14日のニュース