【古馬次走】レッツゴードンキ フェブラリーS回避で来週の阪急杯にスライド

[ 2019年2月14日 15:09 ]

 フェブラリーS(17日、東京ダート1600メートル)に登録していたレッツゴードンキ(牝7=梅田、父キングカメハメハ)は出馬投票を見送り、両にらみとなっていた来週の阪急杯(24日、阪神芝1400メートル)参戦が決まった。

 昨年11月のJBCスプリント5着以来で乗り込みは順調。梅田師は「オーナーと相談して決めました。来週やって、ちょうど仕上がると思います」と阪神開幕週を見据える。引き続き岩田とのコンビで臨む。

続きを表示

「春の電撃戦 高松宮記念」特集記事

「マーチS(G3)」特集記事

2019年2月14日のニュース