【フェブラリーS】インティ、初G1制覇へ死角なし!武も絶賛

[ 2019年2月14日 05:30 ]

坂路で単走で追い切るインティ
Photo By 提供写真

 底を見せない上昇馬が万全の態勢を整えた。インティは坂路で単走。目いっぱいに追われたわけではないが、四肢の回転は鋭く、状態の良さを全身でアピールした。

 未勝利戦を勝ち、そこから6連勝でG1挑戦。非の打ちどころがない戦績同様、インティの最終追いもパーフェクトなものだった。

 調教助手を背に坂路で単走。最初の2Fをともに14秒フラットで入る。精密機械のように正確なラップを刻みつつ、ラスト2Fから一気にペースアップした。そこから12秒9、12秒1。鞍上に派手なアクションこそないが、四肢を力強くかき込み、ウッドチップを後方へと蹴り上げていく。周囲に気を取られることなく、真っすぐに前だけを見ているのもいい。4F53秒0〜1F12秒1は一流のオープン馬なら、それほど目立つほどの時計ではない。ただ、数字には表れない内容の良さがあった。

 当然、野中師も感触を手にした。「予定通りの時計。ラスト1Fだけ気持ち良く流そうという指示。動きは良かった」

 未勝利戦を好タイムで逃げ切った時に、これは大物という声が上がった。だが、師は慎重な言葉を繰り返した。白星を積み重ね、東海Sを2馬身差で快勝し、ようやく師の口調に自信めいたものが出てきた。「前走はスタートこそそんなに速くなかったが、二の脚が速く、自分のペースで逃げた。上がり時計もしっかりまとめている。内容としては完璧だった」

 7戦中5戦で上がり3Fのメンバー最速をマーク。しかも逃げて最速なのだから、後ろの馬は手の出しようがない。全く隙がないのだ。武豊も素質の高さにほれ込む。「初めての重賞でいいレースができた。あの勝利にはホッとした。能力の高さは感じていたが全体的に体質が強くなった。一戦ごとに力をつけている。速いタイムで走れるのがストロングポイント。何とかG1を獲らせたい」

 武豊はフェブラリーS歴代最多4勝。7連勝でダート戦線の新王者となる。

続きを表示

この記事のフォト

「2020 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2019年2月14日のニュース