【フェブラリーS】サクセスエナジー、楽々ラスト1F12秒0

[ 2019年2月14日 05:30 ]

松山弘平騎手を背に坂路で併せ馬で追い切るサクセスエナジー(左)
Photo By 提供写真

 すばるSを快勝してG1に挑戦するサクセスエナジー。最終リハは松山を背に坂路で4F50秒6〜1F12秒0と軽快そのものだ。北出師は「目いっぱいの指示。動きは良かった。体も大きくなり、ますますパワーアップしている。距離は対応できる」と期待を寄せる。8戦5勝とコンビ相性がいい松山は「以前に乗った時の追い切りとは全然違う。いい状態なのでモマれず運べれば」と一発を狙う。

続きを表示

「2020 チャンピオンズC」特集記事

「スポニチ賞 ステイヤーズS」特集記事

2019年2月14日のニュース