【京都牝馬S】ティンクル充実!CWコース好時計マーク

[ 2019年2月14日 05:30 ]

 16日京都のメイン、京都牝馬Sの追い切りが行われた。初の重賞Vに燃えるエイシンティンクル(牝6=坂口正)がCWコースで6F79秒0〜1F12秒5の好時計をマーク。坂口正師は「先週もビッシリとやった。今週も速い時計が出たし、仕上がりはいい」と好感触。2月末で定年を迎える師に重賞制覇の期待が高まる。「休み明けはむしろ歓迎。今の京都は逃げ馬に不向きな馬場だけど牝馬同士で頑張ってほしい」と力を込めた。

続きを表示

「2020 チャンピオンズC」特集記事

「スポニチ賞 ステイヤーズS」特集記事

2019年2月14日のニュース