【フェブラリーS】菜七子、勝利の予告VTR!ラスト末脚爆発

[ 2019年2月14日 05:30 ]

勝利の菜七子
Photo By スポニチ

 これが3日後、「2・17」の競馬ファンの夢!?動画サイト「You Tube」で藤田菜七子騎手(21)のフェブラリーS制覇を“予告”する動画が競馬ファンの間で注目を集め、同レースのシミュレーション動画としては再生回数は異例の約3万5000回超(13日午後6時時点)となっている。

 「藤田菜七子騎手、フェブラリーS勝利へのシミュレーション!G1初騎乗初勝利なるか!?」と題した3分58秒の予告VTR。菜七子のG1騎乗が決定した直後の1月30日に公開されたもので出走馬は微妙に異なるものの、競馬ゲームでリアルに再現。そこでコパノキッキングに騎乗した菜七子が歴史的勝利を手にしている。

 当日は晴れ、良馬場、15頭立て。1番人気に支持されたのは武豊騎乗のインティで2・7倍。キッキングは4・8倍で3番人気。実際の想定に近い?設定でゲートが開いた。

 レースは各馬ばらついたスタート。最内枠からアンジュデジールがハナを奪い、5番枠のキッキングは中団の内で折り合う。平均ペースで流れ、直線へ。最後の上り坂でルメール騎乗のゴールドドリームが先に抜け出す。ドラマが起きたのはラスト100メートル。菜七子の追い込みの合図とともにキッキングがオメガパフュームの後位から放たれた弓矢のごとく猛追。末脚をサク裂させて、物凄い勢いでドリームに差し迫った。2頭の写真判定に持ち込まれ、キッキングが頭差かわしたところがゴール。人馬とも初挑戦のG1で栄光をつかんだ。

 この動画には「こうなることを心より願っています」「菜七子ちゃんに初G1制覇!達成の瞬間見たい」といった応援コメントが書き込まれ、菜七子もこの動画を見れば勇気百倍。現実の世界でもシミュレーション通りの巧みな手綱さばきで歴史的1勝を挙げるか。

続きを表示

「2020 チャンピオンズC」特集記事

「スポニチ賞 ステイヤーズS」特集記事

2019年2月14日のニュース