【ダイヤモンドS】スマイル上昇!坂路でラスト1F12秒4

[ 2019年2月14日 05:30 ]

坂路で併せ馬で追い切るユーキャンスマイル(左)
Photo By 提供写真

 16日の東京メイン、長距離重賞ダイヤモンドSの追い切りが行われた。昨年の菊花賞3着馬ユーキャンスマイル(牡4=友道)は坂路へ。最後まで気を抜かせない併せ馬で併入。4F54秒0〜ラスト1F12秒4を刻んだ。今年の始動戦・万葉Sは鼻差2着。友道師は「久々で内にモタれる悪い癖が出た分の差。動きは良かったし叩いた上積みもある。距離も左回りも大丈夫」。格上挑戦になるためハンデは54キロに落ち着いた。勝負できる態勢は整っている。 

続きを表示

「2020 チャンピオンズC」特集記事

「スポニチ賞 ステイヤーズS」特集記事

2019年2月14日のニュース