【松戸】黒田、後輩と連係「離れないように意識する」

[ 2019年2月14日 05:30 ]

 落車した前走高松記念(3日目以降欠場)から中11日で今シリーズに臨んだ黒田は、状態面に不安を感じつつも単騎で運んだ初日特選で2着。カマして押し切った岩本に最終2角7番手の位置からG前で際どく迫る上々の動きを見せたが「重いし呼吸もきつくて余裕がなかった」と表情は曇りがち。「落車する前なら最終Hで仕掛けている展開。車の出が良かった感じはない」と首をかしげながら続けた。準決11Rは勢いづく同地区の後輩・宮本と連係。「今の状態では、まずしっかり付いていくことに集中。離れないように意識する」と控えめだった。

続きを表示

「2020 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2019年2月14日のニュース