【ファンタジーS】傾向と対策

[ 2018年11月3日 05:30 ]

 過去10年の結果から傾向を探る。

 ☆デビュー戦人気 連対馬20頭中15頭はデビュー戦が1、2番人気だった。素質の高い馬が優勢。

 ☆デビュー地 出走馬(地方競馬デビューの3頭を除く)のうち、札幌デビュー組が勝率20%、函館デビュー組が3着内率41%。北海道デビュー組が好走。

 ☆前走 勝ち馬8頭は前走距離が芝1200メートルか芝1600メートルだった。芝1500メートルは2頭のみだが、そのうち1頭はV。

 結論 ◎レーヴドカナロア ○ダノンファンタジー ▲エレナレジーナ

続きを表示

「2020 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2018年11月3日のニュース