【川口・日本選手権】池田 経験生かし今年初SG優出へ

[ 2018年11月3日 05:30 ]

3日目7R「準々決勝戦」で逃げ快勝した地元の池田政和
Photo By スポニチ

 地元の池田が3日目7R「準々決勝戦」で1枠から6周回を独走で逃げ切って快勝した。この日は1枠のFが続発し、準々決勝戦で白い勝負服の1着は女子レーサーの佐藤摩と2人だけ。SG8Vの実績を誇る池田は「スタートは出ていったし良かったと思う」と冷静に振り返った。

 05年12月のスーパースター(川口)以来、SG戴冠から遠ざかっている。しかし、今年はG1・3優出と着実に復活のムードが高まっている。「乗り心地が良くなったのは大きい。もうひと伸びを求めたい」と言葉に力を込める池田。4日目準決9Rは文句なしの2枠に収まった。選手権2V(99、03年)の豊富な経験を生かして、今年SG初優出にアタックする。

続きを表示

「2020 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2018年11月3日のニュース