【東京新馬戦】アゴベイ1番人気に応える 福永「いい瞬発力」

[ 2018年11月3日 13:38 ]

<東京競馬6R新馬戦>レースを制したアゴベイ(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 3日の東京6R2歳新馬戦(牝馬限定戦、芝1400メートル)は、中団でじっくりと脚をためた1番人気アゴベイ(尾関、父ハーツクライ)がメンバーNo・2の上がり3F33秒2の剛脚を駆使し、豪快に伸びてデビュー勝ち。

 騎乗した福永は「いい瞬発力を持った馬です。距離はもう少しあってもいいと思う」と称えていた。

続きを表示

「2020 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2018年11月3日のニュース