【万哲の乱 特別編】3日福島11R リュウノユキナの福島実績を評価

[ 2018年11月3日 08:00 ]

 福島11R・河北新報杯はJRA移籍初戦の◎リュウノユキナ。道営時代の昨秋、今回と同じ福島芝1200メートルの福島2歳Sに出走して2着。勝ち馬アンヴァル(10月オパールS1着)は結果的に強すぎたが、中団から力強く伸び、福島のコース適性は証明した。道営馬ハッピーグリンが勝った前走STV賞(5着)は1000万条件では最上級レベルの顔触れで、今回の方が相手関係は多少楽になっている。1500メートルの前走で道中行きたがったのを考えると、やはりベストは6F戦。1キロ減のハンデ53キロも当然プラス材料。

 《もうひと押し》福島12R・二本松特別は◎デルマウオッカ。堀井師は「開幕週の1800メートルは多少忙しいかもしれないけど、昇級後もレース内容は安定している。動きもいい」と好感触を得ている。

続きを表示

「2020 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2018年11月3日のニュース