【京都6R・新馬戦】シンゼンブースターV 池添「稽古通りにいい競馬ができた」

[ 2018年11月3日 19:30 ]

 3日の京都6R新馬戦は2番人気シンゼンブースター(牡=飯田祐、父オルフェーヴル)が好位で立ち回り、粘るサンライズハイアーをゴール前でとらえた。池添は「ゲートで立ち遅れたけど、その後が良かった。直線で逃げ馬に離されたが、手前を替えると伸び返した。稽古通りにいい競馬ができました」と振り返った。

続きを表示

「2020 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2018年11月3日のニュース