【JBCレディスクラシック】(4)ラビットラン 出来抜群

[ 2018年11月3日 05:30 ]

 8月の門別(1着)以来となるラビットランだが仕上がりは抜群。辻野助手は「放牧で馬体を回復させて、しっかり乗り込んだ」と満足顔。この日は坂路(4F62秒2)で調整。「前走は道悪で切れが生きた。中央のダートなら雨が降らなくても大丈夫。ある程度は前で運びたい」とレースをイメージした。

続きを表示

「2020 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2018年11月3日のニュース