展開を読む【河北新報杯=ハイペース】

[ 2018年11月3日 05:30 ]

 トーセンアルバータが内枠から逃げる構えだが、エンゲージリングも譲らない。メイショウカリンなども積極策だけに息の入らない流れになる。レディバードが続き、トロワゼトワル、シュエットヌーベルは中団から直線勝負。

続きを表示

「2020 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2018年11月3日のニュース