【鳥谷越・本社予想の稼ぎどころ】3日福島12R 素質馬レッドイリーゼが晩秋の福島で輝きを取り戻す

[ 2018年11月3日 08:00 ]

 先週の天皇賞・秋は、最後まで迷って○に落としたレイデオロが完勝し、ギリギリで◎に昇格させたスワーヴリチャードが1番人気で10着に大敗という悔しい外れ。スワーヴは発馬で挟まれる不利が確かに大きかったが、それにしても精彩を欠く負け方だった。次走での巻き返しを期待したいが、どんな印を打つかは…慎重に決めたいと思う。

 本日の当欄では、開幕初日の福島12Rをピックアップ。狙いは気温の低下と反比例するように攻め気配が急上昇している◎レッドイリーゼだ。昨年12月の中山新馬戦(芝1600メートル)で豪快な追い込みVを飾った時には「クラシック候補」との声も上がった逸材。その後は春菜賞3着→アネモネS6着と徐々にパフォーマンスを落とし、ひと息入れて臨んだ夏の2戦も11→8着と凡走したが、再放牧から帰厩後は稽古の動きが明らかに良化。デビュー当時の輝きを取り戻した感がある。管理する手塚師も「夏は動けなかったのが、今は動けていて全然いい。直線が短い福島もいいし開幕週なら1800メートルもOK。元々の能力はここなら一枚上」と自信たっぷりだ。

 最後にオマケ。福島11Rで◎を打った同厩舎のムスコローソも陣営の評価が高く、ぜひ買いたい1頭。

続きを表示

「2020 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2018年11月3日のニュース