【JBCクラシック】(4)サンライズソア スタートが鍵

[ 2018年11月3日 05:30 ]

サンライズソア
Photo By スポニチ

 サンライズソアは坂路を4F67秒3で駆け上がった。河内師は「休み明けを使って雰囲気は良くなっている。前走以上の仕上がり」。枠は2枠4番。「京都の1900メートルは1800メートルほど神経質にならなくていいが内の偶数枠は理想的。スタートが一番の鍵。そこを決めて流れに乗っていけたら」と話した。

続きを表示

「2020 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2018年11月3日のニュース