【マーチS】コスモカナディアン、軽めの内容も「変わらずいい」

[ 2017年3月23日 05:30 ]

 日曜中山のメイン「第24回マーチS」の追い切りが東西トレセンなどで行われた。コスモカナディアンはWコース馬なりで4F54秒5〜1F12秒8。中1週とあって軽めの内容だが、気配は上々だ。

 年明けに1600万を勝つと川崎記念3着、仁川S2着と地力強化著しい上がり馬。金成師は「状態キープを主眼に調整してきて、具合は変わらずいい。気持ちの強い馬でいつも一生懸命走ってくれる」と話した。

続きを表示

「伝統の古馬長距離G1 天皇賞(春)」特集記事

「青葉賞(G2)」特集記事

2017年3月23日のニュース