【ドバイワールドC】日本馬29頭挑戦 11年ヴィクトワールがV

[ 2017年3月23日 05:30 ]

 ドバイワールドCに日本馬は延べ29頭が挑み【1・2・0・26】。東日本大震災が起きた11年、前年皐月賞&有馬記念優勝馬ヴィクトワールピサの初制覇は日本国内を勇気づけた。アウォーディーとラニを送る松永幹師は騎手時代に01年レギュラーメンバーで9着、調教師として10年レッドディザイアで11着で“三度目の正直”に挑む。

 ドバイワールドCの年齢別勝利は4歳8勝、5歳7勝、6歳4勝、7歳と8歳が各1勝。日本馬唯一Vのヴィクトワールピサも4歳。松永幹厩舎の兄弟2頭は、データ上は7歳アウォーディーより4歳ラニが有利だ。

続きを表示

「ドバイワールドカップデー」特集記事

「春の中距離王決定戦 大阪杯」特集記事

2017年3月23日のニュース