【日経賞】“実戦派”レインボーライン、厩舎独自のソフト仕上げ

[ 2017年3月23日 05:30 ]

 昨年の3歳時にG1で2度も人気薄で好走した(NHKマイルC3着、菊花賞2着)レインボーライン。この日は坂路、単走で57秒8〜1F12秒4と厩舎独自のソフトな仕上げ。浅見助手は「攻め馬ではそんなに動かないし、フォームも決して格好良くはない。でも、競馬にいって走る。ステイゴールド産駒の根性がよく出ているんやろうね」と実戦派に感心顔だ。

 鞍上には同馬で重賞アーリントンCを制したM・デムーロを配しての一戦だ。

続きを表示

「ドバイワールドカップデー」特集記事

「春の中距離王決定戦 大阪杯」特集記事

2017年3月23日のニュース