【日経賞】追ってひと言

[ 2017年3月23日 05:30 ]

 ▼アドマイヤデウス(梅田師)さすがオープン馬という動き。体はできている。6歳だけど馬はまだまだ若い。

 ▼ジュンヴァルカン(大江助手)先行できれば小回りにも対応可能。どれだけやれるか楽しみ。

 ▼ツクバアズマオー(尾形充師)少し体に余裕があったが、しまい追われたことで良くなると思う。

 ▼トーセンレーヴ(池江師)心房細動の影響なのか、馬自身がマックスで走るのを加減しているところがある。トラウマになっていなければいいが…。

 ▼ナスノセイカン(矢野師)変わりなくいい状態。中1週は案外いいかも。この距離は使ってみたかったし、右回りも問題ない。

 ▼ミライヘノツバサ(伊藤大師)まだ4歳で確実に良くなっている。調教でも動けるようになってきた。

 ▼レコンダイト(音無師)状態は良くなっている。ただ、G2にしては相手が強いからね…。

続きを表示

「春の電撃戦 高松宮記念」特集記事

「マーチS(G3)」特集記事

2017年3月23日のニュース