【ドバイワールドC】前走G1Vゴールドドリーム「距離問題なし」

[ 2017年3月23日 05:30 ]

 ゴールドドリームは、ダートコースで6F84秒0〜1F12秒0。上がり重点の内容で直線は楽な手応えで駆け抜けた。「現地に着いた当初は環境に慣れていなかったが、徐々に落ち着きが出てきた。今朝の動きも良く調整は順調」と平田師。

 前走のフェブラリーSはゴール前で物見をしながらG1初タイトルをつかんだ。「まだ余力がある内容だったし距離は問題ないと思う。ドバイのダートは時計が速かったり違う適性が求められる。その辺りがどうか」と話した。

続きを表示

「春の電撃戦 高松宮記念」特集記事

「マーチS(G3)」特集記事

2017年3月23日のニュース