【競輪学校卒業記念】脚力に自信あり!梅川、卒記クイーンへ逃走

[ 2017年3月23日 05:30 ]

スピードスケートから転向した梅川
Photo By スポニチ

 日本競輪学校第111回生徒(61人=2人欠場)と女子第6回生徒(17人)の卒業記念レース初日が22日、静岡競輪場で行われた。男子は予選2回戦を戦い、在校成績2位の山崎賢人(24=長崎)ら3人が連勝した。男子は23日午前中に準決勝、午後13時47分から決勝戦が争われる。女子は予選3回戦を戦い、勝ち上がった在校成績1位の太田りゆ(22=埼玉)ら7生徒により午後14時08分から決勝戦が争われる。

 在校成績3位の梅川風子(26=東京)が順当に決勝へ駒を進めた。第1回記録会で女子生徒史上2人目のゴールデンキャップを獲得した逸材は「先行で勝ち上がりたいと思っていたので良かった」と安どの表情。予選3戦とも徹底先行のスタイルを貫きゴールまで全ての力を振り絞った。

 4歳からスピードスケートを始めた。山梨学院大に進学し、4年最後の冬となる12年全日本学生スピードスケート選手権500メートルで優勝。実業団でも氷を蹴ったが「契約は2年で延長が厳しかった」。17年続けたスケートで脚力には自信がある。「このままでは終われない。スポーツ選手として自分の可能性を広げたい」と一念発起してガールズケイリンに挑戦した。

 自転車では先行勝負に心を奪われた。「タイム勝負や競技にはない主導権争いにどっぷりハマった」。在校中はナショナルチームの短距離コーチを務めるブノワ・ベトゥ氏(43)によるHPD(ハイパフォーマンスディビジョン)教場に太田りゆ(22=埼玉)と共に選ばれ潜在能力が引き出された。「今が伸び盛り。順調に伸びている。日本一の先行といわれる奥井迪さんと戦い日本一を獲りたい」。ハイレベルと評判の6回生。梅川は卒記クイーンの栄冠を逃げ切りでつかめるだけの能力を秘めている。

続きを表示

「伝統の古馬長距離G1 天皇賞(春)」特集記事

「青葉賞(G2)」特集記事

2017年3月23日のニュース