【毎日杯】落ち着き出たトラスト、CW馬なりで12秒1マーク

[ 2017年3月23日 05:30 ]

 ソフト仕上げで重賞V2へ挑む。札幌2歳Sの覇者トラストはCWコースで単走。動きを見届けた中村師は「牧場から帰ってきた時から変わらない、いい状態だった。やり過ぎなくてもいいと思って、そんなにやらなかった」と話した。6F85秒9〜1F12秒1を馬なりでマークした。

 今回が川崎から転厩して4戦目。「少し大人になって、落ち着きも出てますね」と結んだ。

続きを表示

「春の電撃戦 高松宮記念」特集記事

「マーチS(G3)」特集記事

2017年3月23日のニュース