【小田原】地元・和田、準決2着も内容を反省「まさか守谷さんが」

[ 2017年3月23日 05:30 ]

 地元神奈川のV候補・和田は2日目準決11Rで2着。決勝には進んだが内容の悪さに顔をしかめた。先に出た守谷を赤板で抑えると、守谷が引かず番手の内で鈴木と併走。打鐘で仕掛けた荻原に叩かれるという想定外の流れに苦しんだ。「まさか守谷さんがインで粘るとは。自分が先行して中団がもつれればと思ったが…。もっと早めに踏むべきだった」と組み立てミスを反省した。

 決勝は南関1人で番手を主張した兵藤と2車での連係。「展開に応じ、しっかり力を出し切れるように」。二段駆けもある北勢ら強敵に、気持ちを入れ直して立ち向かう。

続きを表示

「伝統の古馬長距離G1 天皇賞(春)」特集記事

「青葉賞(G2)」特集記事

2017年3月23日のニュース