【ドバイシーマC】オブアース馬なり12秒6で「言うことなし」

[ 2017年3月23日 05:30 ]

 シーマクラシックのサウンズオブアースはダートコースを馬なりで6F86秒0〜1F12秒6。見守った藤岡師は「日本で時計を出してきたので、調整程度。暑さを想定してここまでやってきたし、状態に関しては言うことなし。あとはどんなレースをするか」と期待を膨らませた。

 枠順は4番に決定。「7頭立てなので、どこでも良かった。スタートは上手だし、長くいい脚を使えるのでコースも合っている」と納得の様子だった。

続きを表示

「春の電撃戦 高松宮記念」特集記事

「マーチS(G3)」特集記事

2017年3月23日のニュース