【高松宮記念】クリスマス、力強い伸び 伊藤大師こん身の仕上げ

[ 2017年3月23日 05:30 ]

 オーシャンS3着から臨むクリスマスはWコースで単走。しまいは強めに追われて力強い伸びを披露した。

 伊藤大師は「動きは順調そのもの。馬体重は450キロ台(前走時460キロ)になりそう。G1だし、余分なものは、そいでいきたい」と、こん身の仕上げを強調。「先週乗ったジョッキー(藤岡佑)も乗りやすいと言ってくれたし、自在性がある馬。うまく流れに乗れれば」と力を込めた。

続きを表示

「春の電撃戦 高松宮記念」特集記事

「マーチS(G3)」特集記事

2017年3月23日のニュース