茂木健一郎氏、政治家がツイッターでブロックすることに反対するワケ「国民の権利を妨げる」

[ 2021年7月31日 15:54 ]

茂木健一郎氏
Photo By スポニチ

 脳科学者の茂木健一郎氏(58)が31日、自身のYouTubeチャンネルを更新し、政治家のツイッター利用について意見する場面があった。

 茂木氏は「私はブロックしないという立場なんですね。いわゆる“トロール”みたいに、もれなく付いてくる方がいて。そういう方をブロックすると、承認欲求を満たしちゃうことになるんです。ブロックされたこと自体が、自分の存在を認められたことになるので」と、自身の経験を踏まえて話す。

 また「政治家の方は、ツイッターでブロックするべきではないと思ってるんですよ」と、持論を説く茂木氏。「トランプ(前)大統領のアカウントがあった頃『ブロックするということは、国民の権利を妨げることになる』っていう議論があり、僕もそう思っていて。政治家はいろんな意見を聞くべきだし、その発言を多くの方が知ることが必要だと思う」と語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年7月31日のニュース