三宅弘城 銭湯の前でまさかの偶然 腕章付けた人に声掛けられ…「アレです」

[ 2021年7月31日 17:51 ]

俳優の三宅弘城
Photo By スポニチ

 俳優・三宅弘城(53)が31日、TBSラジオ「ナイツのちゃきちゃき大放送」(土曜前9・00)にゲスト出演し、たまたま行った銭湯での偶然の出来事について語った。

 番組内コーナー「今週のヤホートピックス」で、「とっておきなお話はありますか?」と振られた三宅。ある日、銭湯の前で、何者かに話しかけられている人がおり、それを横目に入ろうとしたところ、自分も声を掛けられたという。「あんまり気にせず自転車を置いて入ろうとしたら、『すみません。あの、こちらよく来られるんですか?』って言って。『まあそうですね。たまにですね』って」。すると、その人物は「この無料入浴券15枚つづりあるんで、これ差し上げますんで、『家、ついて行ってイイですか?』って」と、唐突に申し出たという。

 「ナイツ」塙宣之(43)は感づいたようで、「アレ?」と三宅に質問。三宅も「アレです」と応じた。銭湯の前で、テレビ東京の人気番組「家、ついて行ってイイですか?」のロケが行われており、三宅もたまたま声を掛けられたという。「あの番組。よく見たらテレビ東京という腕章をされてまして、片手にカメラを持って」とその瞬間を振り返った。

 三宅は現在、同局系ドラマ「サ道2021」に出演中だが、最初はマスクをしていたこともあってか、スタッフには気づかれなかったという。「『そうですね…僕はテレビ東京さんにはお世話になってて』という話をしてたら、『あれ?三宅さんじゃないですか?』って。『そうなんです』って。『何だ、言って下さいよ』みたいなこと言って」と、スタッフとのやりとりを明かした。

 塙から「実際、家に行ったらどうだったんですかね?」と聞かれると、三宅は「えー?恥ずかしくないですか?」と恥ずかしがっていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年7月31日のニュース