三村マサカズ  開幕近付く“夏の甲子園”醍醐味は「やっぱりあの音ですよ」

[ 2021年7月31日 19:07 ]

「さまぁ~ず」の三村マサカズ
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「さまぁ~ず」の三村マサカズ(53)が31日、パーソナリティーを務める「さまぁ~ず三村マサカズと小島瑠璃子のみむこじラジオ」(土曜後5・10)で、開幕が近付く、「全国高等学校野球選手権大会」の魅力について語る一幕があった。

 この日は、お題にそって「即興ポエム」を作ることになり、野球好きであり、大の“巨人党”で知られる三村は、「夏の甲子園、ホームランのキーンッ、試合終了のウー、みんな良し」という一句を詠んだ。

 「やっぱりね、あの音、音ですよ」と三村。高校野球のいち視聴者として、金属バットに投球が当たったときの音や、試合開始、終了時に甲子園に鳴り響くサイレン音に醍醐味を感じるとし、特に金属バットの音は意識して聞いていることを明かした。

 これに共演の小島瑠璃子(27)も「あれはプロ野球とは違いますよね。甲子園の音だよな」と同調すると、すかさず、「そうそう。プロとは違う金属バットの音。最近は良い金属バットを使っているのか、あんまり『キーンッ』と響かないやつもあるんですど…」と三村。

 高校野球の魅力について、「何でしょうね」としつつ、「(始まるとテレビを)つけていたいのよ。あんまり結果とか見ていないの。音で感じていたいの。あれが良い」と熱く語っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年7月31日のニュース