松本潤 23年大河ドラマ「どうする家康」で主演 初大河に「嵐という船を一度降りて…大きな挑戦に」

[ 2021年1月19日 16:00 ]

2023年大河ドラマ「どうする家康」に主演する松本潤
Photo By 提供写真

 NHKは19日、2023年に放送される大河ドラマ第62作「どうする家康」に「嵐」の松本潤(37)が主演すると発表した。戦国時代の三英傑の1人で、江戸幕府を開いた徳川家康が主人公となる。脚本はテレビ朝日「相棒」シリーズ、フジテレビ「リーガル・ハイ」「コンフィデンスマンJP」などで知られる古沢良太氏(47)。古沢氏が大河ドラマを手掛けるのは初めてで、松本とも初タッグになる。

 松本にとってはこれが大河ドラマ初出演で、昨年いっぱいで活動を休止した「嵐」のメンバーの中でも初めての出演。松本のNHKドラマへの出演は主演したスペシャルドラマ「永遠のニシパ~北海道と名付けた男 松浦武四郎~」(2019年)以来。ジャニーズ事務所のタレントが大河ドラマで主演を務めるのは「V6」岡田准一(40)が黒田官兵衛を好演した「軍師官兵衛」(2014年)以来となる。

 松本は今回のオファーに「初めに聞いた時はビックリしました。自分に大河のオファーが!?しかも誰もが知っている、あの家康を!?脚本が僕も大好きな古沢良太さん!!」と驚きのコメント。その反面、「嬉しかったのと同時に、大きな不安も感じました」としながらも「嵐という船を一度降りて、新たな冒険の先を見つけようとしている僕にとってこんなに大きな挑戦はありません」「日曜の夜を大河ドラマが好きな方はもちろんの事、若い世代の皆さんにも楽しんでいただけるようなエンターテインメントをお届けできるよう一所懸命やらせていただきたいと思います。楽しみにしていてください」と期待をあおった。

 本作は、放送中の「麒麟がくる」、2月スタートの「青天を衝(つ)け」、22年「鎌倉殿の13人」に続く、大河ドラマ第62作。古沢氏が誰もが知る歴史上の有名人・徳川家康の生涯を描く。ひとりの弱き少年が、乱世を終わらせた奇跡と希望の物語。国を失い、父を亡くし、母と離れ、心に傷を抱えた孤独な少年・竹千代(家康)は、今川家の人質として、ひっそりと生涯を終えると思っていた。しかし、三河(みかわ)武士の熱意に動かされ、弱小国の主(あるじ)として生きる運命を受け入れ、織田信長、武田信玄という化け物が割拠する、乱世に飛び込んだ。後ろ盾もなく、豊かな国土もなく、あるのは個性派揃いの家臣団だけ。豊臣秀吉、黒田官兵衛、真田昌幸、石田三成と次々と現れる強者たち。ハラハラドキドキ、スピード感あふれる波乱万丈のエンターテインメントとなる。

 家康をテーマにした作品は第39作「葵 徳川三代」(2000年、主演は津川雅彦さん)以来23年ぶりで、単独の主人公は「徳川家康」(1983年)以来、40年ぶり。家康は大河ドラマでもこれまで北大路欣也(77)、西田敏行(73)、寺尾聡(73)、高嶋政宏(55)、内野聖陽(52)、阿部サダヲ(50)ら数々の名優たちが演じてきた役どころ。近年では「麒麟がくる」で同じジャニーズ事務所の風間俊介(37)が演じている。

 クランクインは来年夏を予定している。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年1月19日のニュース