張本勲氏 巨人優勝の立役者は「菅野と岡本」 原監督も「采配が光った」

[ 2020年11月1日 09:25 ]

張本勲氏
Photo By スポニチ

 野球評論家の張本勲氏(80)が1日、コメンテーターを務めるTBS系「サンデーモーニング」(日曜前8・00)にリモート出演。2年連続47度目(1リーグ時代を含む、セでは38度目)となるリーグ優勝を決めた古巣・巨人について言及した。

 「やっぱり優勝できたのは、菅野と岡本ですよ」と、前人未到のプロ野球新記録となる開幕13連勝を達成したエースと、24歳の若き主砲の名前を出して評価。「途中から良い若手も出て。原の采配が光ったと思います」と指揮を執った原監督も称えた。

 同じくリモート出演した元ソフトバンクの松中信彦氏(46)は「連覇っていうところは、あっぱれだと思います。連覇は難しいと思いますので、そのへんはすごくよかったと思います」と絶賛の言葉を口にしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年11月1日のニュース