安住紳一郎アナ 青春の一曲はMISIAのあの曲「大音量でかけてレインボーブリッジを通過します」

[ 2020年11月1日 15:35 ]

TBSの安住紳一郎アナウンサー
Photo By スポニチ

 TBSの安住紳一郎アナウンサー(47)が1日、パーソナリティーを務めるTBSラジオ「安住紳一郎の日曜天国」(日曜10・00)に生出演し、「青春がよみがえる」という一曲を明かした。

 安住アナは、深夜に都内をドライブするという状況にロマンを感じるという札幌市出身の34歳の女性リスナーからの便りに「私も地方出身なので、確かにレインボーブリッジを車で通過する時は何か自分が独裁者になっちゃったような気持ちになっちゃってテンションが上がる」と同調。ドライブ中に聴く曲がドラマ「ラブジェネレーション」の主題歌「幸せな結末」という女性に対し、「いいですねえ。私はMISIA先生のCDを大音量でかけてレインボーブリッジを通過しますね。1973年生まれですから」と告白。「当時、必ず聴いていたCDがあってこの前かけたんですよね。そしたら私のソングといえばこれなのかなって」としみじみと語った。

 そして、MISIAと一緒に仕事した際、NHKホールでのコンサートに招待されたと言い、「レインボーブリッジを通過する時に聴いていたOne!っていう曲を生で聴いちゃってね。隣りで一緒に仕事をしているアシスタントプロデューサーの32歳くらいの女性に“俺の青春がよみがえったよ”って話したら、“なんだそれ”って言われちゃった」と打ち明けた。その後、番組で歌手のMISIA(42)の「One!」が流された。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年11月1日のニュース