ウエンツ瑛士 英国留学で苦労した食生活「歯がおかしくなる」

[ 2020年11月1日 12:40 ]

ウエンツ瑛士
Photo By スポニチ

 タレントのウエンツ瑛士(35)が10月30日深夜放送のテレビ朝日系「川柳居酒屋なつみ」(金曜深夜0・50)に出演。英国留学中に苦労した食生活について語った。

 ウエンツは英国での食生活を「当たり前ですけどパンしかないんですよ、そんな生活に陥ったことないですよね」と説明。英国においては食パンがメジャーではなかったとして「硬いパン、まずなんか歯がおかしくなる」と振り返った。

 さらに「炊飯器持っていこうかなと思ったんですけど電圧も違うから壊れちゃう」と現地の炊飯器を使用していたことを告白。使用していた炊飯器は「大炊飯」と書かれた大きいボタンが一つあるだけのものだったという。

 「タイマーとかももちろんないし、とにかく米を洗って入れたんですよ。『大炊飯』を押すじゃないですか、2分くらいで『ピー』って鳴るんですよ。全然炊けてない」と回想してぼやくも、「でもその炊飯器と1年半頑張りました」と胸を張った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年11月1日のニュース