松本人志、井上尚弥のベガス初陣KO勝利に「強っ!もうずっと敬語で話そう」「おめでとうございます」

[ 2020年11月1日 21:13 ]

お笑いコンビ「ダウンタウン」松本人志
Photo By スポニチ

 ダウンタウンの松本人志(57)が1日、ツイッターを更新。プロボクシングWBA&IBF世界バンタム級(53・5キロ以下)タイトルマッチ12回戦で勝利したプロボクシングWBA&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(27=大橋)を祝福した。

 井上は10月31日(日本時間11月1日)、米ネバダ州ラスベガスのMGMグランドで行われた一戦でWBA2位、IBF4位の挑戦者ジェーソン・モロニー(29=オーストラリア)に7回KO勝ち。

 圧巻のKO劇に松本は「強っ!もうずっと敬語で話そう」と井上の強さに驚き、「井上チャンピオン。おめでとうございます」と称えた。

 井上はこの日、ツイッターで「皆さん応援ありがとうございました!」と感謝の言葉をつづり、2本のベルトを肩にかけた写真をアップ。「コロナ禍での無観客試合、初のラスベガスでの試合、ホテル隔離、色々と重圧はありましたが結果として納得のいく勝ち方ができました!」と鮮やかな7回KO勝ちとなった自身の戦いを振り返った。

 続けて「ここからが第二章の始まり。まだまだ高みを目指して頑張りますのでこれからも期待してください!」と決意を記し、投稿を締めくくった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年11月1日のニュース