ABC「おはよう朝日です」レギュラー陣 PCR検査「全員陰性」で番組復帰

[ 2020年8月5日 09:34 ]

ABC「おはよう朝日です」の川添佳穗アナ(左)と岩本計介アナ
Photo By スポニチ

 番組出演者の新型コロナウイルスの感染を受け、3日から番組出演を見合わせていたABCテレビ朝の情報番組「おはよう朝日です」(月~金曜前6・45)のレギュラー陣、司会の岩本計介アナウンサー(44)、アシスタントの川添佳穗アナウンサー(29)らが5日、番組に復帰した。岩本アナらは3日にPCR検査受けていたが、この日、お天気担当の正木明氏(59)、エレクトーン奏者の赤崎夏実さん(30)も含めて、レギュラー陣全員が陰性だったことも明かされた。

 同番組をめぐっては、木曜レギュラーを務める澤田有也佳アナウンサー(26)、金曜のサブコメンテーターを務めるお笑いコンビ「ラニーノーズ」洲崎貴郁(32)の2人がPCR検査で陽性反応。これを受け、3日から岩本アナ、川添アナ、正木氏、赤崎さんは欠席。岩本アナに代わって藤崎健一郎アナ(47)、川添アナに代わって増田紗織アナ(23)が代役を務めた。

 番組冒頭、岩本アナは「私と川添さん、無事といいますか、番組に戻ってくることができました」とあいさつ。「番組内から感染者が出たということもあり、各地で感染者が広まっているという事情も踏まえ、私と川添さん、正木さんとエレクトーンの赤崎さん、発熱などもなく体調も問題なかったんですが、念には念を入れて、きのうおとといと番組を休み、PCR検査を受けることになりました」とあらためて経緯を説明。「おとといPCR検査を受けた結果、きのうの夕方、全員陰性という結果が出ました。これを受けました今日から復帰させていただきます」と復帰を報告した。

 川添アナは「(検査結果を待つ間は)怖さと不自由さを感じました。今回は洲崎さん、澤田さんが異変を感じて、すぐ行動してくれたのが大きかったのかなと個人的には思っています」とコメント。岩本アナも「我々も検査を待つ間は不安でしたし、それを思うと、実際に感染で苦しんでいる方ですとか、医療従事者の方、身内にそういう患者を抱えてらっしゃる方の不安はいかほどかと。本当に、今回、痛切に感じました。今後もより一層、感染対策をしながら番組をあげてしっかりと情報をお伝えしていきますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年8月5日のニュース